注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

※Excelを使いこなす!ショートカットキー一覧※

Excelのショートカットキーの機能はご存知でしょうか?

「Ctrl」+「C」:コピーや「Ctrl」+「V」:貼り付け

など普段はマウスで「選択」→「右クリック」→「コピー」と2~3つの操作を

キーボードだけの操作で出来るコマンドです。

キーボードとマウスを行き来する時間も数秒ではありますが一日中PC操作を

している方には数秒の時間が積み重なると作業も圧迫してしまいます。

今回はキーボードだけで出来る色々なExcelのショートカットキーを紹介しています。※(Windows版)

よく使う操作のショートカットキーを覚えるだけで作業効率が大幅に改善できる場合もあるので

ぜひ試してみてください!

基本操作のショートカットキー

・「Ctrl」+「O」:開く(ダイアログボックスを表示します)

「Ctrl」+「X」:切り取り(選択した項目を切り取ります)

「Ctrl」+「C」:コピー(選択した項目をコピーします)

「Ctrl」+「V」:貼り付け(選択した項目を貼り付けします)

「Ctrl」+「Z」:直前のコマンドや操作を元に戻します

「Ctrl」+「Y」:直前のコマンドや操作を繰り返します

「Ctrl」+「B」:テキストを太字にする設定を切り替えます

「Ctrl」+「I」:テキストを斜体にする設定を切り替えます

「Ctrl」+「U」:テキストに下選を引く設定を切り替えます

「Ctrl」+「5」:テキストに取り消し線を引く設定を切り替えます

「Ctrl」+「F」:検索(ダイアログボックスを表示します)

「Ctrl」+「P」:印刷(ダイアログボックスを表示します)

「Ctrl」+「S」:作業中のファイルを上書き保存します

「F12」:名前を付けて保存(ダイアログボックスを表示します)

「Alt」+「F4」:Excelを終了します

「F1」作業ウィンドウを表示します

全般に関するショートカットキー

「Ctrl」+「Shift」+「L」:フィルターの追加と削除を切り替えます

「Alt」:アクセスキーをアクティブにします

「Alt」→「Tab」:リボン上のコマンドにフォーカスを移します

「Ctrl」+「F1」:リボンの表示と非表示を切り替えます

「Shift」+「F10」:右クリックメニューを表示します

「Alt」→「V」→「U」:全画面モードに切り替えます

「Esc」:全画面モードになっている場合はモードを閉じます

「Esc」:開いているメニューやダイアログボックスを閉じます

「Ctrl」+「Tab」:次のタブに切り替えます

「Alt」→「H」:ホームタブを開きます

「Alt」→「N」:挿入タブを開きます

「Alt」→「P」:ページレイアウトタブを開きます

「Alt」→「A」:データタブを開きます

「Alt」→「R」:校閲タブを開きます

「Alt」→「W」:表示タブを開きます

「Ctrl」+「6」:オブジェクトの表示と非表示を切り替えます

「Ctrl」+「Alt」+「5」→「Tab」:テキストボックや図形、画像などのフローティングシェイプを切り替えます

「Shift」+「F7」:類義語辞典を開きます

「F7」:スペルをチェックします

「Ctrl」+「Q」:クイック分析オプションを表示します

「Ctrl」+「Shift」+「+」:セルの挿入(ダイアログボックスを表示して、空白セルを挿入します)

「Ctrl」+「ー」:削除(ダイアログボックスを表示して、選択したセルを削除します)

「Ctrl」+「8」:アウトライン記号の表示と非表示を切り替えます

「Alt」+「Shift」+「F10」:エラーチェック(ボタンのメニューまたはメッセージを表示します)

「Ctrl」+「Shift」+「F3」:名前作成(ダイアログボックスを表示します)

「Alt」→「M」→「M」→「D」:参照で使用する名前を定義します

「F3」:名前の貼り付け(ダイアログボックスを表示しします)

ブックに関するショートカットキー

 

「Ctrl」+「N」:新しい空白のブックを開きます

「Ctrl」+「W」:アクティブなブックウィンドウを閉じます

「Alt」+「Space」:ブックウィンドウを閉じます

「Ctrl」+「F9」:アクティブなブックウィンドウが最小化されます

「Ctrl」+「F5」:アクティブなブックウィンドウが元のサイズに戻ります

「Ctrl」+「F10」:アクティブなブックウィンドウを最大化するか、元に戻ります

「Ctrl」+「F8」:ブックウィンドウが最大化されていない場合は(サイズ)コマンドが実行されます

「Ctrl」+「F7」:ブックウィンドウが最大化されていない場合は(移動)コマンドが実行されます

「Ctrl」+「F6」:次のブックウィンドウに切り替えます

「F9」:開いているすべてのブックを計算する

ワークシートに関するショートカットキー

「Shift」+「F11」:新しいワークシートを挿入します

「Ctrl」+「PageUp」:ワークシートのタブを左から右に順番に切り替えます

「Ctrl」+「PageDoun」:ワークシートのタブを右から左に順番に切り替えます

「Ctrl」+「Shift」+「PageUp」:ブック内の現在のシートと左のシートを選択します

「Ctrl」+「Shift」+「PageDown」:ブック内の現在のシートと右のシートを選択します

「F6」:リボン→作業ウィンドウ→ワークシート→ズームコントロール間を切り替えます

「Shift」+「F9」:アクティブなワークシートを計算します

移動に関するショートカットキー

 

「Tab」:右のセルに移動します

「Shift」+「Tab」:左のセルに移動します

「PageUp」:一画面上にスクロールします

「PageDown」:一画面下にスクロールします

「Alt」+「PageUp」:一画面左にスクロールします

「Alt」+「PageDown」:一画面右にスクロールします

「Ctrl」+「Home」:ワークシートの先頭に移動します

「Ctrl」+「End」:ワークシートの最後のセルに移動します

「Home」:ワークシートの最初の行に移動します

「Home」+「ScrollLock」:スクロールロックキーがオンの場合は、ウィンドウの左上のセルに移動します

「Ctrl」+「↑」:ワークシート内の現在のデータ範囲の先頭行に移動します

「Ctrl」+「↓」:ワークシート内の現在のデータ範囲の末尾行に移動します

「Ctrl」+「←」:ワークシート内の現在のデータ範囲の左端列に移動します

「Ctrl」+「→」:ワークシート内の現在のデータ範囲の右端列に移動します

「Ctrl」+「End」:数式バーでテキストの末尾にカーソルを移動します

「Shift」+「Enter」:選択範囲内で下から上に移動します

「Shift」+「Tab」:選択範囲内で右から左に移動します

「Ctrl」+「.(ピリオド)」:選択範囲の次の隅に時計周りで移動します

「F5」:ジャンプ(ダイアログボックスを表示します)

選択に関するショートカットキー

「Ctrl」+「A」:ワークシート全体を選択します

「Ctrl」+「Shift」+「Space」:ワークシートにデータが含まれていた場合、一回押すとアクティブなセル領域が選択されます

「Shift」+「Space」:行全体を選択します

「Ctrl」+「Space」:列全体を選択します

「Shift」+「Home」:選択範囲を行の先頭まで拡張します

「Ctrl」+「Shift」+「Home」:選択範囲をワークシートの先頭のセルまで拡張します

「Ctrl」+「Shift」+「End」:選択範囲をワークシートの最後のセルまで拡張します

「Shift」+「PageUp」:選択範囲を一画面上に拡張します

・「Shift」+「PageDown」:選択範囲を一画面下に拡張します

「Ctrl」+「Shift」+「O」:コメントが入力されているすべてのセルが選択されます

「Ctrl」+「Shift」+「End」:数式バーのカーソル位置から最後までのテキストが選択されます

「F8」:拡張モードを有効にして方向キーを使用して選択範囲を拡張します

「Ctrl」+「Shift」+「:」:アクティブセルからデータが入力されているセルまでを選択します

「Ctrl」+「|」:選択された行でアクティブセルの値に一致しないセルを選択します

「Ctrl」+「Shift」+「|」:選択された列でアクティブセルの値に一致しないセルを選択します

「Ctrl」+「/」:アクティブセルを含む配列を選択します

「Ctrl」+「[」:アクティブセルを直接参照する数式を含むセルのみを選択します

「Ctrl」+「Shift」+「[」:アクティブセルを直接参照するか間接参照する数式を含むすべてのセルを選択します

「Ctrl」+「]」:選択範囲の式によって直線参照されるセルのみを選択します

「Ctrl」+「Shift」+「]」:先端範囲の式によって直接参照するか間接参照されるすべてのセルを選びます

「Shift」+「F8」:隣接しないセルを選択範囲に追加します

「Ctrl」+「ー」:選択範囲を削除します

文字入力に関するショートカットキー

 

「F2」:アクティブセルを編集します

「Shift」+「Enter」:セルの入力した値を確定し、上のセルに移動します

「Ctrl」+「:」:現在の時刻を入力します

「Ctrl」+「;」:現在の日付を入力します

「Ctrl」+「D」:下方向にコピーします

「Ctrl」+「R」:右方向にコピーします

「Ctrl」+「Enter」:選択したセル範囲に、アクティブセルと同じ値を入力します

「Ctrl」+「H」:検索と置換(ダイアログボックスを表示します)

「Ctrl」+「T」:テーブルの作成(ダイアログボックスを表示します)

「Shift」+「F2」:セルのコメントを挿入または編集をします

「Ctrl」+「K」:ハイパーリンクの挿入(ダイアログボックスを表示します)

「Ctrl」+「Shift」+「Enter」:数式を配列数式として入力します

書式設定に関するショートカットキー

 

「Alt」→「H」→「H」:塗りつぶしの色を選択します

「Alt」→「H」→「B」→「P」:選択範囲に上罫線を追加します

「Alt」→「H」→「B」→「O」:選択範囲に下罫線を追加します

「Alt」→「H」→「B」→「L」:選択範囲に左罫線を追加します

「Alt」→「H」→「B」→「R」:選択範囲に右罫線を追加します

「Ctrl」+「Shift」+「&」:選択したセルの周辺に外枠罫線を追加します

「Ctrl」+「Shift」+「_」:選択したセルの周辺に外枠罫線を削除します

「Alt」→「H」→「L」→「1」:テキストの左揃え

「Alt」→「H」→「A」→「C」:テキストの中央揃え

「Alt」→「H」→「A」→「R」:テキストの右揃え

「Ctrl」+「Shift」+「>」:テキストボックス内のフォントサイズの拡大

「Ctrl」+「Shift」+「<」:テキストボックス内のフォントサイズの縮小

「Ctrl」+「1」:セルの書式設定(ダイアログボックスを表示します)

「Ctrl」+「Shift」+「P」:セルの書式設定のフォントタブが表示されます

「Alt」+「Shift」+「7」:スタイル(ダイアログボックスを表示します)

「Ctrl」+「Alt」+「V」:形式を選択して貼り付け(ダイアログボックスを表示します)

表示形式に関するショートカットキー

 

「Ctrl」+「Shift」+「~」:標準の表示形式を適応します

「Ctrl」+「@」:時刻の表示形式を適応します

「Ctrl」+「Shift」+「#」:日付の表示形式を適応します

「Ctrl」+「Shift」+「%」:パーセンテージの表示形式を適応します

「Ctrl」+「Shift」+「$」:通貨の表示形式を適応します

行と列に関するショートカットキー

 

「Ctrl」+「Shift」+「+」:選択した行や列を挿入します

「Ctrl」+「ー」:選択した行や列を削除します

「Ctrl」+「9」:選択した行を非表示にします

「Ctrl」+「0」:選択した列を非表示にします

「Ctrl」+「Shift」+「(」:選択した範囲内の非表示の行を表示します

「Ctrl」+「Shift」+「)」:選択した範囲内の非表示の列を再表示します

「Ctrl」+「Delete」:行の末尾までテキストを削除します

「Alt」+「Shift」+「→」:選択したセルの行と列をグループ化します

「Alt」+「Shift」+「←」:選択したセルの行と列のグループ化を解除します

数式と関数に関するショートカットキー

 

「Alt」→「M」:数式タブを開きます

「Ctrl」+「Shift」+「U」:数式バーの展開と折りたたみを切り替えます

「Alt」+「Shift」+「=」:オートSUMを挿入します

「Ctrl」+「‘」:セルの値と数式の表示を切り替えます

「Ctrl」+「Shift」+「‘」:アクティブセルの一つ上のセルの数式を、アクティブセルまたは数式バーにコピーします

「Ctrl」+「Shift」+「”」:アクティブセルの一つ上のセルの値を、アクティブセルまたは数式バーにコピーします

「F4」:数式の参照形態を絶対参照→複合→複合→相対象の順に切り替えます

「Shift」+「F3」:関数の挿入(ダイアログボックスを表示します)

「Ctrl」+「A」:関数の引数(ダイアログボックスを表示します)

「Ctrl」+「Shift」+「A」:数式でカーソルが関数名の右にあるとき、引数とかっこを挿入します

グラフに関するショートカットキー

 

「Alt」+「F1」:現在の範囲のデータから埋め込みグラフを作成します

「F11」:現在のデータからグラフを作成して別のグラフシートに表示します

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!