注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

AGGREGATE関数でいろいろな方法で集計する

一つの関数でいろいろな方法で集計できる「SUBTOTAL」関数の機能を強化した「AGGREGATE」関数を紹介します。


数値の集計

AGGREGATE いろいろな集計値で求める


使いかた

=AGGREGATE(集計方法、オプション、参照1,2,3,….)


集計方法

1:平均値 2:数値の個数 3:データの個数 4:最大値 5:最小値

6:積 7:不偏標準偏差 8:標本標準偏差 9:合計値

10:不偏分配 11:標本分配 12:中央値 13:最頻値

14:降順の順位 15:昇順の順位 16:百分位数

17:四分位数 18:百分位数(0%と100%を除く)

19:四分位数(0%と100%を除く)


オプション

0または省略:ネストされたSUBTOTALとAGGREGATE関数を無視する

1:0機能に加えて非表示の行を無視

2:0機能に加えてエラー値を無視

3:0機能に加えて非表示の行とエラーを無視

4:何も無視しない

5:非表示の行を無視

6:エラー値を無視

7:非表示の行とエラー値を無視


左の表では集計方法9の合計値

オプション2のエラーとSUBTOTALとAGGREGATEを無視するを選択しました。

エラーとB10のSUBTOTAL関数を無視して合計値を

求めることが出来ました。

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!