注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

SUM関数で数値を集計する

複数のセルの値を集計できる「SUM」関数を紹介します。


数値の集計

SUM 数値を合計する


使い方

=SUM(数値1、~最大255)


複数の範囲を合計する場合は=SUM(B2:B4)を入力します。

離れたセルも=SUM(B2:B4,C5:C10,B10)のようにカンマで区切れば

一つの数式で計算出来ます。


よく使われる関数なのでExcelでショートカットキーが設定されています。

「Shift」+「Alt」+「=」で「=SUM()」と入力できます。

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!