注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

YEAR関数で日付から「年」を求める

入力された日付から年にあたる値を求める「YEAR」関数を紹介します。


年月日を取得

YEAR 日付から「年」を求める


使いかた

=YEAR(値)


・指定した値の「年」にあたる値を西暦を表す4桁の整数で返します。

・シリアル値は「1900年1月1日」を「1」として経過日数を数値で表します。

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!