注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

WEEKDAY関数で日付から「曜日」を計算する

日付から「曜日」にあたる値を求める「WEEKDAY」関数を紹介します。


曜日の取得

WEEKDAY 日付から曜日を求める


使いかた

=WEEKDAY(値,種類)

種類

1または省略:1(日曜)~7(土曜)の値を返す

2:1(月曜)~7(日曜)の値を返す

3:0(月曜)~6(日曜)の値を返す

入力された日付から指定した種類の曜日にあたる値を返します。


種類を「1または省略」にした場合[セルの書式設定]>[表示形式]>[ユーザー定義]を「aaa」にすると月~日に変換されます。また「aaaa」の場合は月曜日~日曜日に変換されます。

シリアル値は「1900年1月1日」を「1」として、以降の経過日数を数値で表した値になります。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!