注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

TIME関数で時、分、秒から時刻を求める

入力した時、分、秒を表す値から時刻を求める、「TIME」関数を紹介します。


時刻のシリアル値

TIME 時、分、秒から時刻を求める


使いかた

=TIME(時、分、秒)


時:時刻の「時」にあたる数値を24時間で指定します。

分:時刻の「分」にあたる数値を指定します。60以上の値を指定すると次の「時」以降が指定されます。

秒:時刻の「秒」にあたる数値を指定します。60以上の値を指定すると次の「分」以降が指定されます。

・「時」「分」「秒」ともに省略すると「0」が指定されます。

・負数を指定すると以前の「分」や「時」が指定されます。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!