注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

IF関数で条件によって利用する値を変える

条件を満たした場合と満たさなかった場合とで使用する内容を変更する「IF」関数を紹介します。


条件分岐

IF 条件によって利用する値を変える


使いかた

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)


論理式:真か偽かを返す条件式を指定します。

真の場合(TRUE ):論理式の値を満たす場合に返す値を指定します。

偽の場合(FALSE):論理式の値を満たさない場合に返す値を指定します。


・上記の式では「A1」の値が80より大きい場合は「合格」を返し(TRUE )値が80以下の場合は「不合格」を返します(FALSE)

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!