注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

IFERROR関数でエラーの場合の値を指定する

数式や参照でエラーが出た場合にエラー値の代わりに返す値を決めれる「IFERROR」関数を紹介します。


エラーの処理

IFERROR エラーの場合に返す値を指定します


使いかた

=IFERROR(値,エラーの場合の値)


エラー値[#DIV/0!]、[#N/A]、[#NAME?]、[#NULL!]、[#NUM!]、[#REF!]、[#VALUE!]のいずれかであれば「エラーの場合の値」を返します。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!