注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

TYPE関数でデータの種類を調べる

対象に入力されているデータの種類を求める、「TYPE」関数を紹介します。


データの種類

TYPE データの種類を調べる


使いかた

=TYPE(対象)


戻り値は対象のデータの種類に応じた数値が返ります。

数値:1 文字列2: 論理値(TRUE ・FALSE):4

エラー値:16 配列:64

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!