注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

VLOOKUP関数で縦方向に範囲を検索する

表の一覧から縦方向に検索して一致した項目の横方向の値を取り出す、「VLOOKUP」関数を紹介します。


検索

VLOOKUP 縦方向に検索する


使いかた

=VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索する型)


検索値:検索する値を指定します。全角と半角文字は区別されますが、英字の大文字と小文字の区別はされません。

範囲:検索するセルの範囲を指定します。

列番号:取り出す値の列を範囲の先頭列から数えて指定します。

検索する型(TRUE):一致する値がないときは検索値未満の最大値を検索します。

検索する型(FALSE):一致する値のみを検索します。


・セルA3の値を元に表から一致した項目の3番目の列情報を取り出しました。

・検索値が複数一致する場合は昇順の最初に出てくる値の情報を取り出します。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!