注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

OFFSET関数で指定したセルの参照先を求める

指定したセルから、行数と列数を指定してセルを参照する「OFFSET」関数を紹介します。


セルの参照

OFFSET 基準セルから指定したセル参照を求める


使いかた

=OFFSET(基準セル,行数,列数,高さ,幅)


基準セル:基準となるセルや範囲を指定します。

行数:基準セルから何行離れたセルかを指定します。

列数:基準セルから何列離れたセルかを指定します。

高さ:戻り値として返すセルの範囲の高さを指定します。省略すると対象と同じ行数が指定されます。

幅:戻り値として返すセルの範囲の幅を指定します。省略すると対象と同じ列数が指定されます。


・使用例のようにカレンダーの第2週目の3日目の日付を調べたり出来ます。

・行数や列数に負の数を指定する事もでき、その場合は参照先より手前の位置が指定されます。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!