注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

SUBSTITUTE関数で指定した文字列を置き換える

文字列の中で検索した文字列を置き換えた文字列を返す「SUBSTITUTE」関数を紹介します。


文字列の置換

SUBSTITUTE 検索した文字列を置き換える


使いかた

=SUBSTITUTE(文字列,検索文字列,置換文字列,置換対象)


文字列:検索するもとの文字列を指定します。

検索文字列:もとの文字列から検索する文字列を指定します。

置換文字列:検索と一致した文字列と置き換える文字列を指定します。

置換対象:複数の検索文字列があった場合に何番目の文字を置き換えるかを指定します。省略した場合はすべて置換されます。


・英字の大文字・小文字や半角文字・全角文字はすべて区別されます。

・置換文字に「””」を指定すると検索文字列を削除した文字列が表示されます。

・文字列を引数に指定するには「””」で囲む必要があります。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!