注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

REPT関数で文字列を繰り返す

指定した回数分文字列を繰り返す「REPT」関数を紹介します。


文字列の繰り返し

REPT 指定した回数だけ文字列を繰り返す


使いかた

=REPT(文字列,回数)

回数:繰り返す回数を0~32767までの数値で指定します。


・回数に0を指定した場合は空白の文字列が返されます。

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!