注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

DCOUNTA関数で条件を満たす空白以外の個数を求める

条件に一致する空白以外のデータの個数を求める「DCOUNTA」関数を紹介します


データの数

DCOUNTA 条件を満たす空白以外の個数を求める


使いかた

=DCOUNTA(データベース,フィールド,条件)

データベース 検索項目を見出し行も含めて指定します
フィールド 個数を数える項目を指定します
条件 検索条件が入力された範囲を指定します


・複数の条件を並べた場合は「AND」の条件となりすべてを満たすセルの個数を数えます。縦方向に条件を並べた場合は「OR」の条件となりいずれかの条件を満たすセルの数を数えます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!