注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

HYPGEOM.DIST関数で超幾何分布の確率を求める

超幾何分布の確率を求める「HYPGEOM.DIST」関数を紹介します


超幾何分布

HYPGEOM.DIST 超幾何分布の確率を求める


使いかた

=HYPGEOM.DIST(標本成功数,標本数,母集団の成功数,母集団の大きさ,関数形式)

標本成功数 目的の事象が起こる回数を指定します
標本数 取り出した標本数を指定します
母集団の成功数 目的の事象が母集団全体のなかで起こる回数を指定します
母集団の大きさ 母集団の数を指定します
関数形式 確率質量関数の値を求める場合はFALSEを指定し、累積分布関数の値を求める場合はTRUEを指定します

 


【Excel関数】一覧へ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!