注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

NORM.DIST関数とNORMDIST関数で正規分布の確率や累積確率を求める

  • 2019年2月17日
  • 2019年2月14日
  • Excel関数
  • 12回
  • 0件

正規分布関数に指定した相対を代入した時の確率を求める「NORM.DIST」関数と「NORMDIST」関数を紹介します


正規分布

NORM.DIST 正規分布の確率や累積確率を求める

NORMDIST 正規分布の確率や累積確率を求める


使いかた

=NORM.DIST(値,平均,標準偏差,関数形式)

=NORM.DIST(値,平均,標準偏差,関数形式)

正規分布関数に代入する標本の値を指定します
平均 分布の算術平均を指定します
標準偏差 分布の標準偏差を求めます
関数形式 確率日都度関数の値を求める場合はFALSEを指定し、累積分布関数の値を求める場合はTRUEを指定します

・すべての引数は省略した場合には0が指定されたものとみなされます。


【Excel関数】一覧へ

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!