注目キーワード
  1. VBA
  2. 関数
  3. ショートカット

T.TEST関数とTTEST関数でt検定を行う

t検定により、平均に差があるかどうかを検定する「T.TEST」関数と「TTEST」関数を紹介します


t検定

T.TEST t検定を行う

TTEST t検定を行う


使いかた

T.TEST(範囲1,範囲2,尾部,検定の種類)

TTEST(範囲1,範囲2,尾部,検定の種類)

範囲1 1つ目の変量をセル範囲で指定します
範囲2 2つ目の変量をセル範囲または配列で指定します
尾部 片側確率を求めるか両側確率を求めるかを指定します
1:片側確率を求める
2:両側確率を求める
検定の種類 どのような検定をするか指定します
1:ついになっているデータのt検定
2:2つの母集団の分散が等しい場合のt検定
3:2つの母集団の分散が等しくない場合のt検定

【Excel関数】一覧へ

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!